浄土真宗について

親鸞聖人とは?

浄土真宗本願寺派(お西)は、日本の仏教の宗派の一つ。

宗祖は「親鸞聖人」です。

親鸞聖人は、1173年5月21日に誕生され、9歳で出家、比叡山で20年間厳しい修行に励まれました。

しかし、さとりへの道を見いだせず山を下り、法然聖人の導きで、自分にとって阿弥陀さまのお念仏の救いこそが唯一の道であると気付かれました。

35歳の時、念仏弾圧で越後(新潟県)に流罪となられましたが、その後、関東へと移られ念仏のみ教えを広められました。

晩年は京都で過ごされ、『教行信証』や『和讃』などの執筆に力を注ぎ、1263年1月16日に90歳で往生されました。

阿弥陀さまとは?

浄土真宗の信仰のよりどころである御本尊は「阿弥陀如来」です。

仏教を開かれたお釈迦さまは、煩悩に振り回され続け自らの力では生死を乗り越えられない者に、阿弥陀さまの「あなたを必ず救います。わたしにまかせなさい」という喚び声(南無阿弥陀仏)を勧め、他力回向の成仏道を説かれました。

そのため、阿弥陀さまは「救主」、お釈迦さまは「教主」とされます。

阿弥陀さまの救いを喜び、はたらきに支えられ、南無阿弥陀仏のお念仏と共に人生を歩むのが浄土真宗です。

ご家庭のお仏壇にも阿弥陀さまのお軸を安置し、毎日手を合わせましょう。

浄土真宗のみ教えとは?

他力本願

「他力本願」とは「他人任せ」という意味ではありません。

「他力」とは、阿弥陀さまが私を救うはたらきのことです。

「本願」とは、「すべての人々を救って仏と成らせよう」という阿弥陀さまの願いです。

したがって「他力本願」とは、自らの修行の功徳によって悟りを得る(自力)のではなく、阿弥陀さまの本願によって救済されることを意味しています。

悪人正機

「悪人こそが阿弥陀さまの救いの本当のめあて(正機)である」という意味です。

悪人とは、社会の善悪・法律を基準にした悪人のことではなく、仏教の善悪を基準にしています。

よって、自己中心的な煩悩に支配され迷い続ける私こそ、まぎれもなく悪人です。

「悪人正機」とは、私をそのことに気づかせ、同時にそのまま救いとってくださる阿弥陀さまのお慈悲をあらわしています。

◆往生浄土

「往生」とは、文字通りに読めば「往き生まれる」ということです。

阿弥陀さまの本願力によって信心をめぐまれた者は、かならず仏に成るべき身に定まります。

そして、いのちを終えるその時に、間違いなく阿弥陀さまのお浄土に往き生まれさせていただき、仏と成らせていただきます。

三部経 とは?

浄土真宗の所依の経典は、お釈迦さまが説かれた

『仏説無量寿経(大経)』

『仏説観無量寿経(観経)』

『仏説阿弥陀経(小経)』です。

総じて「浄土三部経」と呼ばれます。

いずれも阿弥陀さまの救いについて説かれており、特に『仏説無量寿経(大経)』は真実の経であり、全ての経典の中で最も大事とされます。

七高僧とは?

親鸞聖人が浄土真宗の祖師と定めた、

インドの龍樹菩薩・天親菩薩、

中国の曇鸞大師・道綽禅師・善導大師

日本の源信和尚・源空上人(法然聖人)

の7人の高僧のことです。

『正信偈』にお名前と功績が紹介されています。

蓮如上人とは?

第8代門主の蓮如上人は、浄土真宗の中興の祖と言われています。

親鸞聖人のみ教えを平易で簡潔に示されたお手紙『御文章』を著し、また日々のお勤めを勧められました。