年間行事

永代経法要(春・夏・秋)

お寺は、門信徒の方々からのご懇念によって護持されています。

そのお寺で先祖が聞き救われたお念仏のみ教えが、現在そして永代に受け継がれていくことを願うお勤めを「永代経法要」といいます。

それは、いのちを恵まれた私たちが、法要をご縁として、仏恩報謝の心を表すことでもあります。

その心はやがて子や孫に受け継がれ、み教えを聞き広めるご縁となります。

ご法義を大切にされるれる方々の思いが、永代経法要であるとも申せます。

春季・夏季・秋季と年3回の永代経法要に、ぜひお参りしましょう。

また、永代経懇志をご進納いただいた際は、法名を永代経法名軸に記させていただきます。

盆会・ 納骨法要

故人のご遺骨は、お墓・圓勝寺納骨堂・大谷本廟(本願寺納骨堂)の3カ所に分納骨安置しましょう。

納骨法要にて分骨を行います。

報恩講(冬)

報恩講は宗祖親鸞聖人のご命日の法要であり、浄土真宗の年間行事の中で最も大事なお勤めです。

ご恩をしのび、そのご苦労を通じて、阿弥陀さまのお救いを改めて心に深く味わわせていただきます。

圓勝寺の報恩講に先立ちて、各ご家庭のお仏壇にて在家報恩講(お取り越し)をお勤めいたします。

夏休み 子ども法要

お寺と子どもたちのご縁づくりの日。

お経の練習やご法話はもちろん、流しそうめんやスイカ割り、お餅つきに様々な工作など、盛りだくさんの1日です。

お友だちと共に、お寺での楽しい夏の思い出を作りましょう。

納骨団参(納骨団体参拝)

念仏奉仕団

京都の大谷本廟に納骨するため、バスで団体参拝します。

1年に1度はご本山へお参りしましょう。

京都大谷本廟の圓勝寺納骨壇(2箇所)

・第一無量寿堂 10階 155号

・第二無量寿堂 7階 D-19号

本願寺での清掃奉仕を1泊2日で行います。

京都周辺の観光を行います。